ダイエット

コーヒーダイエット

コーヒーダイエットという名前のダイエット方法は、テレビなどのメディアで取り上げられたことで話題を集めたダイエットです。
ところで、コーヒーダイエットで得られた効果は、どんなものなのでしょうか。

 

コーヒーの中に含まれるカフェインには、脂肪を消費させる効果が研究により明らかにされてきました。
コーヒーのカフェインが効果を及ぼせる時間は飲んで3時間ほどしかありませんので、その時間の中で体を動かすなどして脂肪の燃焼を促しましょう。
さらなるダイエット効果を求めるという人は、入浴前に飲むことも良いでしょう。
この際に気をつけることは、飲むのはブラックコーヒーのみということです。

 

コーヒーダイエットの効果を期待するのであれば、砂糖は一切なしでブラックのままで飲むか、少量のミルクのみを入れて飲みます。
だいたい1日に3杯〜5杯が適当ですが、食事の後に飲むことで脂肪の分解を早め体に蓄えられることを予防できるという効果もあります。
コーヒーダイエットをする際は、アイスコーヒーでは胃腸の動きを妨げますので、ホットのものを用意しましょう。

 

コーヒーダイエット専用のダイエットコーヒーがあり、ダイエットコーヒーには「クロロゲン酸」という呼び名の成分が含まれています。
クロロゲン酸は直接脂肪に作用していくので、ダイエットにも効果があるとされています。
一般のコーヒーの場合は、クロロゲン酸の持つ効果をあてにすることはあまり出来ません。
コーヒーダイエットを始めるのであれば、ダイエットコーヒーを活用すると効率的なダイエットが可能でしょう。